審美補綴

審美歯科

ただ歯を白くすると言うことだけではなく、自然な色や形の歯牙や歯肉、美しい歯並び、健康的な口元、調和のとれた顔貌を追求する歯科分野です。幅広い知識と高度なテクニック、豊かな人間性が必要とされる領域です。

保険診療と自由診療

歯科治療には、保険診療と自由診療(保険外診療)があります。前歯に白い冠を入れることは保険診療でもできます。しかし保険診療はその術式や材料、治療費など国によって決められておりその制約の中で行わなければなりません。審美性を実現するには限界があります。
そこで患者様の様々な要求に応えるには高いレベルの自由診療を目指す必要があります。

前歯に白い冠を入れるときの値段
保険診療(3割負担)

約7,500円
保険診療は全国共通です

自由診療 5万円~10万円前後
自由診療の場合、院所毎に価格を設定できます

今回紹介するのは自由診療の症例です。

 

①ラミネートベニア

歯の表面を0.5mm程度削って、その上にラミネートベニアという薄いセラミック製の付け歯を接着する治療法です。ホワイトニングでは改善の難しい強度に変色した歯、隙間のある歯、欠けたりすり減ったりしている歯、小さい歯等の場合に適応されます。

症例1


 

②メタルボンド

金属のフレームにセラミックを焼き付けて作ったものを歯にかぶせる方法です。保険診療の場合、白い部分はプラスチックですが、メタルボンドはセラミックのため変色やすり減りもなく、強度的にも優れています。

症例2(オベイトポンティック)



症例3(オベイトポンティック)




症例4(重症ペリオ)




症例5(ディープバイト)






 

③オールセラミッククラウン

メタルボンドと違い、金属を全く使用せず、セラミックのみで作ったものをかぶせる方法です。金属を使用しないので最も天然の歯に近い、透明感のある美しい仕上がりになります。神経をとった歯の場合でも、ファイバーコアという金属を使わない土台を使用するため歯肉の黒ずみも起こらず、金属アレルギーの方にも適応できます。

オールセラミックレストレーション

1.ポーセレン築盛・焼成法(ジルコニアベース)

2.加圧プレス法(e.max)

■ ジルコニアとは?

ジルコニアとは?(酸化ジルコニウム、ZrO2)はジルコニウムの酸化物で、耐熱性や生体親和性などを持つことから近年注目されている材料です。身近なところではCMなどでよく見かける白いセラミック製の包丁などが挙げられます。また、あまり知られていませんが、スペースシャトルの外壁(耐熱性)や人工関節(生体親和性)などにも使用されています。

ジルコニア(酸化ジルコニウム:ZrO2)は、金属のジルコニウム(Zr)が酸化した白い粉末状のセラミックです。ジルコニアは金属ではないため、安全性の高い材質であるといえます。

オールセラミック (ジルコニアベース)

ジルコニアベース

ジルコニアベース






ケース1



ケース2

ケース3

ケース4


咬合圧をサポートできるフレーム形態を考慮することでチッピングなど術後のトラブルや不安を軽減する

 

■ IPS e.maxプレスとは?

IPS e.maxプレス

IPS e.maxプレス

 

■ e.max適応症

e.max ステイン法 ケース1


ケース2

 

e.maxやジルコニアでアレルギーの症状改善

 

上顎補綴e.max のステイン法で対応 技工作業 e.max LT1使用

ジーシーイニシャルIQ

新開発のステイン材
ジーシー イニシャルIQ ラスターペースト

 

【特長】
ステインには通常金属物質で出来ている着色材であるがこれはセラミックで出来ているペーストであり、アレルギー患者さんには大変良いMB、e.max、ジルコニアなどすべてのセラミック材に使用できる

オールセラミッククラウンによる金属アレルギーの改善症例



 

ロングブリッジ・ジルコニアゼノスターステイン法

 

まとめ

私たちの診療所には色々な患者様が来院されます。その中には、痛い時だけ来てその歯だけ治す人、悪いところを全部治すつもりで来ても様々な理由で中断になる人、一回の治療費は多く払えない人…。また治療にすらこれない人。そういった人たちがしっかり治療を受けられるよう不採算の分野にも取り組んだり、国や自治体に働きかけるのは民医連の重要な役目です。しかし一方で、高いレベルの治療を求めて来院される患者様もいます。そういった要求にも応えられるよう、常に新しい技術に対する研究や習得する努力を積み重ねることも大切です。

しっかり食べられるようになること、美しい口身元を得ることで、その人の生活や人生が大きく変わる事もあります。私たちは大きな役割を担っているのです。

このページの先頭へ