有病者歯科

安全・安心な歯科治療にむけて

「歯医者に来るとそれだけで、血圧が上がり、心臓の鼓動が早くなる。」患者様からよく聞く声です。また、「麻酔の注射が怖い」とか、「歯をガリガリと削られる時の振動や音が苦手」と言われる方も多いように思います。歯科治療は多くの患者様にストレスを伴うものだと思います。

また、高齢社会を反映して、歯科治療に訪れる患者様の中に、高血圧、心臓病、脳血管障害、糖尿病など内科的な病気もっている方がたくさんいらっしゃいます。こうした患者様が安全・安心に治療が受けられるように、事前に記入していただいた問診票も参考にしながら、現在のお体の状態をよくお聞きし、治療に入るようにしています。

モニタリング下での歯科治療

もともと内科的な病気をもっておられる患者様や、高齢の患者様の場合は通常の健康な方と違って、体の予備力が低下しています。一般的な歯科治療であったとしても、歯科治療に伴うストレスから、思わぬ重大な事態が起こることもあります。

当歯科では患者さんの血圧や脈などを調べながら治療のできる、モニタリング装置を購入し、必要な場合は積極的に使用しています。

右の写真はモニタリングを行いながら、実際に治療を行っているところです。

職員教育とAEDの設置

この間、職員教育を重視し、歯科治療に伴う偶発症の学習や救急蘇生の実地訓練を定期的に行っています。

右の写真は水島協同病院の「緊急外来スタッフ」と行った、心肺蘇生のトレーニングの様子です。

また、多くの医療機関はもちろん、最近では公共施設などでも設置するようになってきたAED(自動体外式除細動器、心臓電気ショックの器械)を全歯科に設置し、使用方のトレーニングも行っています。

このページの先頭へ