インフォームドコンセント

私たちはインフォームドコンセントについて、医療生協の「患者の権利章典」に基づいて、これを実践する立場を取っています。

 

医療生協の「患者の権利章典」

医療生協の「患者の権利章典」は、組合員自身のいのちをはぐくみ、いとおしみ、そのために自らを律するものです。同時に、組合員・地域住民すべてのいのちを、みんなで大切にし、支え合う、医療における民主主義と住民参加を保障する、医療における人権宣言です。

 

患者の権利と責任---

患者には、闘病の主体者として、以下の権利と責任があります。

【知る権利】

病名、病状(検査の結果を含む)、予後(病気の見込み)、診療計画、処置や手術(選択の理由、その他内容)、薬の名前や作用・副作用、必要な費用などについて、納得できるまで説明を受ける権利。 

【自己決定権】

納得出来るまで説明を受けたのち、医療従事者の提案する診療計画などを自分で決定する権利。

【プライバシーに関する権利】

個人のヒミツが守られる権利および私的なことに干渉されない権利。

【学習権】

病気やその療養方法および保健・予防等について学習する権利。

【受療権】

いつでも、必要かつ十分な医療サービスを、人としてふさわしいやり方で受ける権利。医療保障の改善を国と自治体に要求する権利。

【参加と協同】

患者みずからが、医療従事者とともに力をあわせて、これらの権利をまもり発展させる責任。

このページの先頭へ